初回購入60%OFF!【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】  

どのつわりに悩む人も葉酸を選ぶわけ

出産も怖いけれど、つわりも怖いですよね。出産は未知のことばかりです。事前に学び、いざそのときに慌てないようにしましょう。

こんなにあるつわりの種類

つわりというと嘔吐したくなることが有名ですが、実はいろいろな症状があります。どんな人にどのような症状が出るかは、なってみないとわかりません。けれど、9割近い人はなんらかのつわり症状を経験すると言われています。

1.吐きつわり

吐き気に襲われるつわりです。もっとも一般的でなる人も多いですが、一日中吐き気がある人もいれば、通常は大丈夫なのに突然吐き気に襲われる人もいます。吐きつわり中は食事が喉を通らないこともありますが、絶食はお腹の子にもよくありません。食べられるものだけでいいので食べるようにし、あまりひどい症状の場合は医師に相談しましょう。硬いものは吐き出すときに喉を痛めるため、軟らかく吐きやすいものを食すのがおすすめです。

2.食べつわり

常に何かを食べたくなるつわりです。吐きつわりと対極のものですが、同じ人が時期をかえて吐きつわりも食べつわりも経験するのは珍しいことではありません。中には満腹になっても食べ続けないと気持ち悪くなる人もいます。カロリーを控えた小さめのおむすびやクラッカーを少しつずつ食べるといいと言われています。

3.においつわり

においに敏感になり、それまで平気だったものでも耐え難い悪臭に感じるようになります。食品のにおいや部屋のにおいなど、生活臭さえダメになる人もいます。これは妊娠すると増えるエストロゲンに嗅覚を過敏にする効果があるためです。苦手な匂いを覚えておいて遠ざける、マスクをつけるなどの対策に効果があります。

ほかにも眠りつわり、よだれつわり、頭痛、肩こり、腰痛など、症状は多岐に亘ります。どれか一つだけという人は少なく、複数の症状に悩むのが一般的です。



どのつわりにも葉酸が効く

たくさんあるつわりの症状ですが、どれもストレスと深く関係していると言われています。そのせいかストレスが多いと、つわりの症状が悪化することがあります。つまり逆にいえば、上手にストレスを解消してあげることができれば、つわりを軽減することが可能なのです。

葉酸にはストレスから身体を守る作用があります。そのため最近では、葉酸で妊娠中のつわりの軽減をはかろうとする妊婦さんも増えてきました。妊娠中はできることが制限され、我が子をちゃんと産みたいというプレッシャーからストレスが溜まりがちです。つわりの症状自体もストレスとなります。

そんな中、ストレスを上手に発散させてくださいと言われても無理がありますよね。そこで、手っ取り早くストレスを解消するため、葉酸が選ばれているのです。葉酸はお腹の胎児にも良い影響を与えるので、まさに一石二鳥です。

ところが食べつわりが起こってしまうと、食事することもままならず、食べ物から葉酸を摂ることができません。そこでサプリメントです。においが少なく粒の小さなサプリメントなら、苦にならず飲み込むことが可能です。このように葉酸サプリは、妊婦のつわりにもぜひおすすめしたいアイテムなのです。