初回購入60%OFF!【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】  

鉄分だけじゃない!貧血には葉酸が効果的なワケ

貧血は妊婦の敵です。血液は胎児に栄養を届ける大切な道具であり、不足すると発育に影響が出ることもあります。

貧血の原因は鉄分不足だけじゃなかった

貧血と聞くと鉄分不足だなと思うことが一般的です。けれど、素人の勝手な診断は危険です。そもそも貧血と鉄分を結び付けて考える人が多いのは、鉄欠乏性貧血の患者数がもっとも多いからです。

ところが、あまり知られていませんが貧血にはいくつか種類があり、葉酸が不足して起こる貧血も存在します。鉄欠乏性貧血と区別するため、こちらは悪性貧血と呼ばれています。恐ろしい名前なのは、以前は原因がわからず死に至る貧血として恐れられていたからです。現在ではビタミンB12や葉酸の不足によって起こる貧血だとわかり、足りないほうの栄養素をしっかり補えば治る病気となっているので安心してください。

悪性貧血は鉄欠乏性貧血と比べると、なる割合が低いです。しかし、そこに落とし穴があります。貧血になったけれど鉄分を十分に摂るようにしたから治るだろうと安心していたけれど、実は悪性貧血だったがために、ちっとも改善されていなかったというケースがあるのです。

通常なら、では葉酸を摂って治しましょうで済むことが多いですが、妊婦の場合はそうはいきません。体内で胎児を育てている妊婦はどのタイミングでどのような栄養素を摂るかがとても重要となります。後から栄養素を追加してリカバリーしようと思っても、胎児の成長によってはできないこともあるのです。



妊娠中は女性がもっとも貧血になりやすい時期

よく女性は貧血になりやすいといわれていますが、その中でも一番なりやすいのが妊娠中です。体内のお腹の子のために、女性は妊娠したら体内の血液を増やします。しかし即席で増やすせいか、増加するのは液体成分ばかりで、肝心の赤血球の数はあまり増えません。すると血液の成分が薄くなるため、酸素や栄養を運ぶ力が弱まり、結果として貧血になってしまうのです。

通常の貧血と同じように、妊娠中に起こる貧血も多くの場合は鉄欠乏性貧血です。しかし、葉酸不足で起こる悪性貧血の可能性は0ではありません。葉酸は胎児の発育にも必要な成分です。そのため母親は、毎日せっせと胎児に自分の身体の葉酸をわけ与えています。よって葉酸不足が原因の悪性貧血を患っている女性は必ずいるのです。そして、今日はなっていなくとも、妊娠中は常に悪性貧血の危険が伴います。

このように妊娠中の貧血予防には葉酸も摂ることが望ましいのです。一緒にビタミンB12も摂るようにすれば、もう悪性貧血を恐れる必要はありません。妊娠中は少しの不安も無くしておきたいものですよね。お腹の赤ちゃんのためにも、あなたの安心のためにも、ぜひ葉酸で妊娠中の貧血の解消を行いましょう。