初回購入60%OFF!【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】  

葉酸サプリの探し方

妊娠初期に摂取していると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を発症するリスクが低減できるとされる葉酸。妊娠経験者ならきっと耳にしたことがある成分ですね。健康維持や美容に効果が期待できる葉酸は、妊娠中のみならず一度始めたらずっと摂り続けたい成分です。

お気に入り葉酸サプリの探し方

葉酸で赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすには、妊娠前からの摂取が必要です。妊活中の女性には、ぜひ、これを知った時から摂り続けてほしいところです。葉酸は体内での利用効率の良さから、サプリメントなどの栄養機能補助食品の形で摂取することが勧められています。では、妊活葉酸サプリはどのように探すことができるでしょうか。

もっとも商品情報を入手しやすいのはインターネットです。どんな商品があるのか、どんな成分が入っているのか、口コミや値段など欲しい情報を検索することができます。ただし、情報量が多く情報の真偽を確かめるのが難しいこともあります。また、気になる葉酸サプリを見つけても、入手しにくい場合があります。

葉酸はその働きからマタニティー誌や女性誌で取り上げられたり、広告が掲載されたりしているケースが多くあります。大きな雑誌で取り上げられていると高い信頼性があるように感じるかもしれませんが、片寄った視点で描かれている場合もあるので注意が必要です。

目にとまったサプリがあったら、少量を実際購入してみるのがおすすめです。粒が多すぎたり、臭いや味が苦手なものだったりすると続けるのがつらくなるでしょう。葉酸サプリの中には、お試しパックが用意されているものもあります。無料サンプルとして数日分をもらえる場合もありますので、チェックしてみてくださいね。



長く続けるには自分に合った入手方法を見つけよう

葉酸サプリを長く続けるには、自分に合った購入方法を見つけることが大切です。無くなったのに購入していなかったということが、葉酸サプリをやめるきっかけになってしまわないようにしましょう。

長く続けることを考えると、無くなるたびに購入するのは手間となり、通販での購入であれば配送料などの負担がかさむ可能性があります。葉酸サプリの販売先では、定期購入コースを設けているところがあります。無くなるころに届くので、購入を忘れそうな人には便利です。ただし、飲み忘れがあるとたまってしまう可能性があります。また、解約トラブルに合わないよう、始める前に安心して購入できる先かどうかしっかりチェックしましょう。

ドラッグストアなど葉酸サプリの販売店が近所にある場合は、そこで購入するのも良いでしょう。ただし、お店では品切れになったり、取り扱いがなくなったりする場合があることを心得ておきましょう。

長く続けるものだからといって、過剰な大量購入はおすすめできません。葉酸は通常時、妊娠時、授乳期で必要量が異なります。サプリの葉酸含有量によっては、この変化に対応できない可能性があります。また、基本的にはサプリは長期保存が可能ですが、商品によって6カ月から2年ほどの賞味危険が設けられていますので、必要以上の大量購入は賞味期限切れに注意が必要です。さらに、自宅での長期保管は高温多湿などに気をつけることが必要です。