初回購入60%OFF!【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】  

お気に入りの葉酸サプリを見つけて、ゆる~い妊活を

妊活という言葉が生まれてしばらく経ちました。これをご覧の皆さまの中にも、妊活中の方がいることと思います。スマートフォンが普及し、ちょっとした空き時間で妊活情報を手に入れることが容易になりました。

便利な一方で、「ああした方がいい」「こうした方がいい」とたくさんの情報の中で、本当に必要なことは何か分からなくなってはいないでしょうか。赤ちゃんは本来、勉強の成果でもなければ、ノルマでもないはずです。「先に越された」「今月もできなかった」…と考えてしまうと、どんどんつらくなってストレスにもなってしまいます。ストレスは妊娠を妨げることもあり、これでは悪循環です。

そこで、赤ちゃんを純粋に楽しみに待てる簡単な方法として、葉酸サプリをご紹介します。

葉酸サプリが妊活にぴったりなわけ

妊婦さんにはおなじみの葉酸サプリですが、実は妊娠前からの摂取が効果的といわれています。妊娠初期におこる胎児の神経管閉鎖障害を予防するのに間に合わせるためというのが大きな理由ですが、葉酸の働きを知ると妊活にぴったりのサプリであることがわかります。

葉酸は、人間の体の中で無数に行われている細胞分裂に欠かせない物質です。体内で一般的に行われている細胞分裂のポイントは、古い細胞から同じ情報をもった新しい細胞ができること。だから、体中の細胞が分裂し新しくなっても、体の特徴が違う別人になることはないでしょう。生殖細胞では、一般細胞の半分にあたる情報を持っています。ときどき、事故的に遺伝情報の伝達ミスが起きますが、葉酸がしっかり機能していれば次の細胞分裂で修正が行われるので、心配いりません。

葉酸は、元気な精子や受精卵を作ることをサポートしてくれます。さらに、胎児が子宮内で成長するのを助け、胎盤機能の維持にもかかわります。貧血予防や美容効果などもあります。妊娠しやすい体作りをサポートし、流産防止効果も期待できる葉酸は、妊活と同時に始めたいサプリです。



妊活中の葉酸サプリの選び方

妊活中の葉酸サプリは、妊娠を見据えて選ぶことをおすすめします。葉酸サプリは葉酸だけでなく複数の成分を含んでいることが多く、その組み合わせ次第では妊娠に不向きなこともあります。

例えば、ビタミンAは妊娠中に多量摂取すると赤ちゃんの奇形につながるとされている成分です。一般的には目によく、皮膚や粘膜を整える成分として歓迎されますが、妊娠中の過剰摂取は危険です。そのため、妊娠後の母親学級などではビタミンAをたっぷり含む栄養ドリンクの摂り過ぎを、注意喚起されることもあります。このように、妊娠中に向かない葉酸サプリの注意書きには、「妊娠中の人はおやめください」と書いてあることがあります。

葉酸サプリは、葉酸の含有量をチェックして購入しましょう。厚生労働省発表の「2015 日本人の食事摂取基準」では、一般成人男女と妊娠中、授乳中の人の葉酸を摂るべき量は違うとしています。自分に合った含有量を満たすサプリを購入しましょう。海外製のものの中には、過剰摂取になるものもあるという情報もあります。

葉酸サプリは長く摂ること、妊活中であることを踏まえ、無添加・無着色のものをおすすめします。大人には無害な量でも、肝機能が未発達の胎児にとって添加物等は脅威になる可能性があります。

妊活中は、自分にプレッシャーをかける必要はありません。程よい脱力感がプラスに働くこともあります。乱れた生活はおすすめできませんが、葉酸サプリを摂ってあとは楽しく生活するだけという、ゆるい妊活で赤ちゃんを待ってみませんか?