つわりが怖いなら葉酸を飲もう

妊娠中に何が辛かったかと尋ねると、つわりがきつかったという話を耳にします。まだ経験していない人の中には、ドラマなどで妊婦が吐き気をこらえるシーンを覚えていて、そんなに辛いのと怯えている方も多いのではないでしょうか。

つわりとは

つわりの代表的な症状に吐き気があります。他にも胃もたれや下痢、便秘、唾液過多、眠気、精神不安などさまざまな症状があり、妊婦によってなる症状も重さもさまざまです。多くの場合、においや味に敏感に反応するようになり、これまで平気だった食べ物が喉を通らなくなります。あまりにも症状がひどいとほとんど何も食べられなくなり、胎児に影響が出てしまうこともあります。

つわりになる女性は多く、9割の人はなんらかの症状を経験するといわれています。

まだ原因ははっきりとはわかっていませんが、妊娠したことでホルモンバランスが大きく変動したことによる反動であったり、身体が胎児に馴染まずアレルギー反応を起こすからだと考えられています。

妊娠5週目頃からはじまり、ピークは8〜11週目あたりで、12週をすぎると自然におさまる人が多いです。



つわりの軽減に葉酸

実は葉酸がつわりに効くという科学的根拠はまだありません。しかし、多くの妊婦さんが葉酸サプリを摂るとつわりが軽減したと感じ、ネットや口コミで広がり知られるようになりました。

もともとつわりの症状には精神不安がありますが、食べ物が喉を通らない、これまで平気だったものが急に気持ち悪くなるなどの症状のせいで、急激にストレスがかかり、一気に精神のバランスが崩れることが多いのです。

葉酸はストレスに強い身体を作る作用があり、うつ患者にも処方される栄養素です。幸せを感じやすくするセロトニンを作る手助けもしてくれます。

このような効果から、つわりには葉酸が効くと感じるのかもしれません。実際に軽くなったと感じた人がいることは紛れもない事実です。あなたも葉酸で妊娠中のつわりの軽減をはかってみてはいかがでしょうか。

つわりの時期は葉酸不足になりやすい

つわりの時期に精神が不安定になるのは、葉酸不足に陥りやすいせいでもあります。食べられるものや量が減るため、この時期にきちんと食事を摂るのは至難の業です。しかし、葉酸は妊娠中にとても必要となる栄養素で、この時期には通常の2倍の量が必要だとされています。

責任感が強い妊婦さんほど、つわりの時期にしっかり食べられないことに罪悪感を感じ、ストレスを溜め込みやすいようです。

いっそ思い切って、つわりの時期はさっと飲めるサプリに頼ってみてはいかがでしょうか。小粒でにおいや味が少ないものを選べば、この時期でも飲むことができ、楽に必要な栄養を摂ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする